【見た目年齢を若くしたいなら】目元のたるみを改善しよう

  1. ホーム
  2. 多彩に揃う治療メニュー

多彩に揃う治療メニュー

頬を触る人

目はその人を印象付ける重要なパーツですが、目元がたるんでいる場合では、実年齢より老けて見え、疲れた印象を与えてしまいます。そこで目元のたるみにお悩みなら、美容整形外科で治療を受けるのが効果的です。美容整形外科では、肌を切開する施術と、肌を切らない施術が用意されています。どちらにも優れたメリットはありますが、切らない施術はメイクや洗顔もその日から可能で、シャワーも当日から浴びられるなど、手軽に受けられるのが特徴です。腫れも殆ど考慮せずに済むほか、通院の必要がない点も人気になっています。切らない目元のたるみ治療では、下まぶたの裏に穴を小さく開け、そこから余分な脂肪組織を除去するのが一般的です。傷跡はまぶたの内側のため、見た目では分かりませんので、周囲の人に気付かれずに改善できます。ダウンタイムも少ないですから、施術後はメイクをして帰れるケースが殆どです。また最新の施術には、自分の細胞を使った治療方法も登場しています。この施術では、最初に腕などから本人の血を少し取り、採取した血液から成長細胞を取り出して注入するのが特徴です。成長細胞が注入されますと、皮膚内でコラーゲンの生成が活発になり、そのことで若々しいハリが生まれ、目元のたるみが改善へと向かいます。注入するのは自分の細胞ですから、アレルギー反応のリスクがないのも魅力です。再生医療に基づくこの美容治療は、自然な仕上がりを目指せる新しい種類の施術として、近年話題になっています。一方、切開する目元のたるみ治療も、美容クリニックでは希望される方が多い施術です。メスを使って余計な皮膚や脂肪を除去できますので、直接的な若返りに取り組めます。施術時間は症状やクリニックにより違いますが、概ね30分程度で終わることがあり、入院する必要も殆どありません。抜糸が必要な場合は数日後に再来院して糸を抜き、その後は下まぶたの化粧もできるようになります。実際の施術内容は個々で相違するため、詳しくは各クリニックで確認しましょう。このほかにもヒアルロン酸や、本人の血小板を主体に注入する方法など、各クリニックで多彩な目元のたるみ治療が行われています。