【見た目年齢を若くしたいなら】目元のたるみを改善しよう

  1. ホーム
  2. 人気の理由をチェック

人気の理由をチェック

女の人

効果を実感しやすい

年齢を重ねると目元のたるみが気になり、美容液やアイクリームでケアしているけれど、なかなか解消しないという悩みを持っている方も多いでしょう。目の周りの皮膚は、他の部位と比較すると薄いので乾燥しやすく、それに比例してたるみも生じやすいと言われています。美容液やアイクリームでのスキンケアは、たるむのを予防する効果には優れていても、一旦たるんでしまった皮膚にハリを与えるには、時間がかかるようです。出来るだけ早く目元のたるみを取りたいという方は、美容整形や美容医療にチャレンジしてみてはいかがでしょう。たるみの症状や状態などに合わせて、美容整形や美容医療など治療法を変えれば、若々しい印象の目元をキープすることが可能です。例えば、加齢によって脂肪が下垂することでできる、目の下のたるみは「脱脂術」と言われる美容整形で劇的に解消されます。眼窩脂肪という眼球の周りにある脂肪が加齢によって下がってしまうと、目の下に大きなふくらみが出来てしまい、それが皮膚のたるみに見えてしまうのです。脱脂術では「あっかんべー」をした際に見える、下まぶたの粘膜部分を小さく切開しそこから、脂肪を取りだす施術を行います。下垂してしまった脂肪が無くなるので、目元がとてもスッキリとなり、なおかつ若々しい印象へと変化します。皮膚の表面ではなく、普段は見えない下まぶたの粘膜部分を小さく切開するので、傷跡が目立ってしまうという心配はありません。メスを使う美容整形ではなく、美容医療で解消したいという場合は、レーザーや高周波による治療がおすすめです。目元がたるんでしまう要因には、脂肪が下垂してしまうだけでなく、コラーゲンの生成量が低下し皮膚のハリ感が失われるということも挙げられます。レーザーや高周波をたるんでいる部分に照射すると、熱エネルギーによって肌細胞の働きが活性化し、コラーゲンの生成量が増加するという仕組みの治療法です。コラーゲンが増えれば肌にハリや弾力が戻り、まぶたや目の下などもたるみが目立たない状態へと変えることができると言われています。メスを使わない美容医療ということもあり、レーザーや高周波による目元の治療は気軽に受けられるとして人気です。