【見た目年齢を若くしたいなら】目元のたるみを改善しよう

  1. ホーム
  2. 目の下のハリを復活させる

目の下のハリを復活させる

美容整形

ハムラ法で根本解決

目元のたるみ治療を行っている美容外科では、改善手段として複数の施術を採用しています。年齢とともに皮膚が緩んでくるのは仕方のないことですが、美容外科で適切な治療を受ければハリのある目元を取り戻すことができます。加齢による目元の悩みで特に多いのが、涙袋とも呼ばれる下まぶたに起こるたるみです。これは筋肉の退化や皮膚が伸びてしまうことで起こる症状ですが、下まぶたの治療が可能な施設で外科手術を受ければ、大きく改善することができます。下まぶたの筋肉や皮膚が垂れ下がっている場合は、ハムラ法と呼ばれる手術が有効です。ハムラ法は、下まつ毛下部の目立たない部分を切開して行われます。たるみの原因となっている眼窩脂肪を取り除いた後、たるんでしまっている眼窩隔膜や眼輪筋を釣り上げて骨膜に固定します。下まぶたのボリュームを調節するため、余分な脂肪を適切な位置に移動させる処置も適宜行われます。最後に余っている皮膚を切除して縫合すれば手術は完了となります。ハムラ法は目元のたるみ手術では定番の治療法となっており、安全性も十分に確立されています。1週間ほどで縫合糸を取ることができ、切開部分は時間をかけて消えていくため、傷跡の心配もいりません。ハムラ法の基本料金は、多くの美容外科で50万円前後の金額設定となっています。手術は基本的に局所麻酔で行われますが、中には静脈麻酔に対応しているところもあります。静脈麻酔を選択する場合は、別途麻酔費用が発生することがあるため、その分の料金も含めて施術費用の計算をしましょう。また、カウンセリング料や初診料を計算に入れておくことも大切です。ハムラ法で一度手術をしてしまえば、たるみの原因を根本的に解消することができます。目の下のたるみを切実な問題と捉えているなら、受けて損にはならない金額でしょう。美容外科によっては、高い技能を持つ医師の手術を、割り増し料金で受けることもできます。そういったところでは、施設の院長が手術にあたることが多くなります。より確実に手術を受けるなら、経験と実績豊富な特定の医師にお願いするのも良いでしょう。